日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「アジアンタムブルー」 大崎善生

-作品紹介より-

〈 愛する人が死を前にしたとき、あなたは何ができますか?
  葉子が亡くなってからというもの
  僕はいつもデパートの屋上で空を見つめていた―。
  主人公が出会った印象的な人々、言葉を前作以上に繊細な筆致で描きながら
  やがて、余命幾ばくもない葉子の、南仏ニースでの悲痛な最期へといたる。〉

タイトルは聞いた事があったのでジャケットもキレイだし
読んでみようかという気になりました。
この本のレビューを見ると凄く評判が良かったのですが
個人的にはあまり好きな感じじゃなく、ちょっと期待はずれでした。
話がずっと淡々とした調子だし、初めの方は主人公の少年の頃の
万引きの話や高校生の頃の憧れの先輩の話など、何に関係あるの?と
思うような話ばかりで、主人公の心の傷とかそうゆうのを表したかったのかもしれませんが
いまいち意味が分からず…
彼女の話は所々出てくるのですが、主には最後の部分にしか登場しないのも
何だかな~と言う感じです。
でも、彼女が亡くなる時のシーンや亡くなる以前に二人で
過ごしたニースでの時間などは切ない描写が伝わってきて良かったと思いました。
重い話が好きな方には良いかもしれませんが、アタシの好みではなかったです。



こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[10] [6] [7] [9] [8] [5] [4] [3] [1]
忍者ブログ [PR]