日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

         

直木賞作家 桜庭一樹さんの作品です。  

 -作品紹介より-

〈 「山の民」に置き去られた赤ん坊。  この子は村の若夫婦に引き取られ
のちには製鉄業で  財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし
赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。  
これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。
--千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。
高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に
鳥取の旧家に生きる3代の女たち、彼女たちを取り巻く  
不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。 〉

たまたま図書館で手に取った作品。
ちょうど直木賞を取った後で話題になっていて著者の名前は知っていたけれども
直木賞の作品は好みな感じじゃなかったので
特別に著者の作品が読みたかった訳じゃないが
何となく期待せず読んでみたらこれがなかなか面白かった!

旧家の3代の女たちの事を書いたお話なのですが
それぞれの時代背景がよくかかれているなぁと思いました。
2段書きになっていて厚さも結構あるのですが惹きこまれて一気に読んでしまいました。
内容はそこまで重くなく、ちょっと不思議な感じのお話なのが
読みやすかったのかな。
これを読んで著者のイメージがちょっと変わり
他の作品も読んでみようかなという気にさせてくれました。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[6] [7] [9] [8] [5] [4] [3] [1]
忍者ブログ [PR]