日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「博士の愛した数式」小川洋子

 -作品紹介より-

〈 家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に
  派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い
  それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。
  数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるもの
  だった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに
  そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると
  「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。〉
 
 個人的には悪くもなく特別良くもなくと言った感じ。
 物語は淡々としていて特別大きなことがあるわけではなく
 だからと言ってつまらない訳じゃないのだけど
 映画化されていて話題だったので読んでみたかった作品だったので
 ちょっと期待しすぎた感があったかな?
 ちょっと物足りなかったかも。
 数学が大の苦手なアタシには数式の話とかを読むのがちょっと疲れたかな。
 でも、博士と主人公の「私」と息子の「ルート」の関係は
 ほのぼのと暖かく凄く良いです。
 映画の方が数式とかをもっと理解しやすいかな?と思ったので
 映画を見てみようかと思いました。

こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ





 
 
 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[37] [45] [42] [46] [40] [39] [38] [35] [33] [34] [26]
忍者ブログ [PR]