日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「のぼうの城」和田竜


-作品紹介より-

〈 戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。
  そのなかで最後まで落ちなかった支城があった。
  武州・忍城。
  周囲を湖で取り囲まれた「浮き城」の異名を持つ難攻不落の城である。
  秀吉方約2万の大軍を指揮した石田三成の水攻めにも屈せず
  僅かの兵で抗戦した城代・成田長親は、領民たちに木偶の棒から取った
  「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。
  城代として何ひとつふさわしい力を持たぬ、文字通りの木偶の棒であったが
  外見からはおおよそ窺い知れない坂東武者としての誇りを持ち
  方円の器に従う水のごとき底の知れないスケールの大きさで
  人心を掌握していた。〉

 とにかく面白い!!量はそんなに多く無いのですが
 内容がぎゅっと詰まった感じ。
 初めは似たような名前が多くて混乱することもあるのですが
 段々と引き込まれ一気に読んでしまいました。
 出てくる人物一人一人のキャラクターが際立っていてどの人物も
 それぞれ魅力があります。
 この一冊のおかげで歴史小説にはまりそうです。笑

こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[32] [29] [30] [31] [27] [28] [25] [22] [24] [23] [21]
忍者ブログ [PR]