日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「魔術師」ジェフリ・ワイルズ・ディーヴァー


-作品紹介より-

〈 ニューヨークの名門音楽学校で殺人事件が発生。
  犯人は人質を取ってリサイタルホールに立てこもる。
  駆けつけた警官隊が包囲し出入り口を封鎖するなか、ホールの中から
  銃声が聞こえてきた。ドアを破って踏み込む警官隊。
  だが、犯人の姿はない。人質もいない。ホールは空っぽだった…。
  衆人環視のなかで犯人が消えるという怪事件の発生に
  科学捜査専門家リンカーン・ライムと鑑識課警官のアメリア・サックスは
  犯人はマジックの修業経験があることを察知して、
  イリュージョニスト見習いの女性に協力を要請する。
  奇術のタネを見破れば次の殺人を阻止できる。
  しかし、超一流イリュージョニストの“魔術師”は、早変わり
  脱出劇などの手法を駆使して次々と恐ろしい殺人を重ねていく―。〉

かなり前に読んだ本です。
文章量は凄く多いのですが、このシリーズの「ボーン・コレクター」が
映画化されているので主役の二人を想像しながら読むことが出来、
比較的読みやすかったです。
終始ドキドキしながら読み続けられました。
最後の最後までドキドキする展開はさすがだな~と言った感じです。
ちょっと表現が怖いので、好き嫌いはハッキリする本かなと思いますが
飽きずに読めるので個人的には好きです。


こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[30] [31] [27] [28] [25] [22] [24] [23] [21] [12] [18]
忍者ブログ [PR]