日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「火の粉」雫井脩介

-作品紹介より-

〈 元裁判官で、現在は大学教授を務める梶間勲の隣家に、
  かつて無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。
  愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…
  武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいく。〉


前回読んだ「犯人に告ぐ」も良かったのですが、こちらも凄く面白かったです。
前回同様、分厚く文章量が多かったのですが苦にならずに読みきれました。
自分が無罪判決を下した男が隣へ越してくる。
それから少しずつ色んな事にズレが生じ始めて来て…
ひしひしと恐怖感が伝わってきてリアリティを感じます。
緊迫感のある中盤に比べてラストは少し拍子抜けしてしまうかな?と思いますが
個人的には凄く面白い一冊です。


こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ




PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[25] [22] [24] [23] [21] [12] [18] [20] [19] [17] [15]
忍者ブログ [PR]