日々読んでいる本の個人的な感想と 覚え書きを綴ります。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
コナ
性別:
女性
趣味:
読書・料理
自己紹介:
料理や食べる事、お酒が大好きです。
それに並んで読書も好きです。
こちらでは主に本、時々映画や漫画の
個人的な感想と
覚え書きを綴ります。
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午

-作品紹介より-

〈 こと女に関してはからっきし意気地のない後輩・キヨシに拝み倒されて、
  南麻布の愛子嬢の屋敷を訪ねたのが事件の発端だった--。
  なんでもやってやろう屋・成瀬将虎は悪質な霊感商法事件に巻き込まれ
  一方では運命の女・麻宮さくらとのデートもこなさなければならず大忙し。
  果たして事件は無事解決するのか、そして将虎とさくらの恋の行方は? 〉

どんでん返し本と聞いてはいましたが、最後の最後まで何も気づかず
まんまと騙された!汗
「えぇ~??何それ?!」と思わず叫んでました。汗
でも、最後には全てがぴったりと当てはまるんですよね~
「あぁ、そうゆう事かぁ。」と納得&感心。
分厚い本で文章量も多いのですが惹きこまれて
一日半ぐらいで一気に読み上げました。
読み応えのある作品です。


こちらに↓参加しております。
押していただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ





PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[22] [24] [23] [21] [12] [18] [20] [19] [17] [15] [16]
忍者ブログ [PR]